賛否両論
MIYABIの独断と偏見による名古屋地区中心のグルメリポート。偏食人間なのであまり参考にならないかも。・・・のはずがイベント参加などの近況報告になりました。
         
Date 2016.04.15 Friday...02:52
Title 比較的順調です

風邪も9割がたなおり、ほぼ復活という状態で週末に向かってます。
なかなか全快にならないのはお年のせいでしょうか?それとも毎日夜更かししてるからでしょうか?両方か!!

そんなことはさておき、作業は順調です。
本日無事パーツがすべて届き、レジンパーツも固まり、あとは組み立てるだけ〜という状態に突入しました。
本当は時計がまだ届いてないのですが、時計は時間を計算してGW直前に届くようになってますので安心♪

カラー松とレジン猫のリングを昨日組み立てました。
なかなかかわいいです。約70個。次男と4男は少しだけ多め。

そして本日はカラー松とタッセルのバッグチャーム。全部で80本のうち50本組み立て終了&袋詰め終了。
結構頑張ってます。
明日は残り30本と、ストラップの一*カラを組み立てて、1点もののバッグチャームを組み立てる予定です。
これで松は終了です。なんだか寂しい・・・。

・・・で、週末はヘアークリップに突入です。
大阪で人気でした新作の加州のバタフライモチーフ(バレッタ)から作ろうかな〜。
予定としては日曜はゆっくりしたいので、来週末までにおおよそ仕上げたい。で、最後の週はドルパ用のカチューシャに専念したいですね〜。
フラワーカチューシャと1500円のビジューカチューシャの2本立てで参戦です。委託なので種類は持っていかないほうがいいかということで。持って行ってもクラウンまでの3種類になるかと思います。
ビジューモチーフはかなりモチーフを揃えてありますので、作るのが楽しみです(^^♪

手作り comments(0)
Date 2016.03.06 Sunday...19:52
Title イベント前にしかブログが更新されない訳

イベント前になるとブログが急に更新されます。
どうしてか。アピールというのもあるんですが、製作時には結構微妙な待ち時間ができます。
例えば刀剣に塗料を塗って乾くまで。とかボンドでラインストーン張り付けて乾くまで。とか。
製作ってほかの方は知らないのですがかなりの流れ作業です。段取りががっちり決まってて、ちょっとした待ち時間ができる。
そういう時間にブログを更新してるわけです。
で、忘れないように今後の作業準備をメモしておく。と。

現在は下塗りがおおかた終了しました。おおかたというのは途中で塗料が切れてしまい、近くのホビー売り場には必要なカラーがなかったのです・・・。
今回鶴と三日月少量かもしれません・・・。・・・・お分かりかと思いますが金色が足りないのだ〜。

一応今日中にラインストーン貼り(鶴と三日月を除いて)、カニカン付、在庫がある分でのチャーム付けまで行きたいなぁ。
で、できたら模様付け一部でいいからしたいところです。
模様付け一番気が張るんです。
模様付けが必要なのは宗三・江雪・一期・鶴・三日月。結構あります。そして最後の難関柄部分の色塗り。
これも細かい・・・。ついつい最後にまわしてしまうんだよね。

手作り comments(0)
Date 2013.10.03 Thursday...23:12
Title 香油会に参加してきました 。その3香油編

 いよいよメインイベント香油編です。
香油って何よ。という話は前の記事で軽〜く記載してありますのでご覧いただければと思います。

こんな感じで100本以上あるかという精油をブレンドしていきます。
精油はもう1テーブルあったので全部を把握できません・・・・。固形物はそのまま入れたり、Iくんが持参した乳鉢ですりつぶしてブレンドしたりしました。
朝9時からお店に入っていたので、写真を撮る余裕もなく、Tちゃんに写真をもらいました。Tちゃんありがとう!!


今回の講師のNobuyaさんはかなりおおらかな方で、自分の調香師としてのやり方を押し付けず、それぞれの個性に合わせてタロットカードやフラワーカードを使用したり、心理分析に基づいたり、香りそのものの方向性を中心に進めたり・・・。となかなか多様な調香がされました。
面白かったのは調香の途中で自分が苦手だと思っている人に自分を刺激してもらう香りを調合する。というものでした。

以下長いのでご注意を。

続きを読む >>
手作り comments(0)
Date 2013.10.02 Wednesday...23:43
Title 香油会に参加してきました。その2アーユルヴェーダ編

 今回講師を務めていただいた恵子さんに簡単な自己チェックシートを記入することで自分の基本体質の分析をしていただきました。

アーユルヴェーダとはいわゆるインド古来の医学のことで生気、生命を意味するサンスクリット語のの「アーユス」と知識、学門を意味する「ヴェーダ」からなる複合語です。

中国の陰陽5行説のようにアーユルヴェーダにも5つの構成要素があるそうです。
空(空間や環境)・風・火・水・地(人間の体本体)。地というのは土のことでしょうから5行説の木・火・土・金・水に完全には当てはまらないと思いますがまぁ比較的近い考え方ですね。
その5つの構成要素のうち風・火・水の要素は人間の生理現象と深く結びつき各個人の体の特性を示すそうです。
それぞれの単一要素のみで成り立つということではなく、どの要素が強く働くかにより個人の体の特性を知りましょう。ということのようです。

以下少し長いです。

続きを読む >>
手作り comments(0)
Date 2013.10.02 Wednesday...01:42
Title 香油会に参加してきました〜

 週末 名古屋市内某所にて(まぁすぐわかる人にはわかる場所です)香油会を開催しました。
今回は珍しくMIYABI主催の催しではないのですが、開催場所の提供をさせていただきました。

まず、香油って何??と思う方が多いと思いますが、わかり易く言うと精油、エッセンシャルオイルをブレンドしたものを香油といいます。
ちなみに精油・エッセンシャルオイルは天然物質でなければなりません。また、香水のようにアルコール分も含まず、純粋な香りの本体そのものです。

MIYABIはアロマテラピーやルームフレグランス用に10本程度の精油を常備していますが混ぜたこと(調合なんていいものではなく)がありませんでしたので、興味津々で場所提供を申し出たわけです。

以下長くなりますのでご注意を。

続きを読む >>
手作り comments(0)
Date 2010.06.20 Sunday...21:58
Title 2000円くらい??

 先日は手作りキッシュにはまっているお話でしたが、本日はなんと九州の親戚から完熟国産マンゴーが届きまして。

売り物にはしない小さいものばかりとの話ではありましたが、100個近くともなるとそれなりなボリュームです。

ご近所に10個づつ配っても50個近く。完熟なのでそんなに日持ちがするわけもないのでもったいないですけどマンゴープリンにしてしまおう!!
ということで作りました適当マンゴープリン。

会社員だった頃から合言葉は適当!!という私。(一応デキルほうではあったと思っていますが)
ゆるーく生きてます。

以下適当レシピ。材料がおいしけりゃ適当でもうまいさ!!

適当にマンゴを処理します。
フィリピンマンゴーでもアップルマンゴーでも、お金持ちなひとは国産マンゴーでも何でもどうぞ。

できたら繊維部分は除いておきましょう。簡単な処理はマンゴーを3枚おろしにして実の部分をくりぬきます。包丁をさいの目に入れてくるっとひっくり返しても処理しやすいです。

真ん中の部分は皮をむいて手でしごくようにしてピューレにします。

生クリーム・エバミルク・ココナツミルク・牛乳どれでも好きなのを2つ選んで1:1で混ぜます。

一般的なのは生クリームとエバミルク(濃厚系)、ココナツミルクとエバミルク(マイルド系)ココナツミルクと牛乳(あっさり系)でしょうか。

今日は国産マンゴーなのでエバミルクと生クリームの濃厚系で。

マンゴーが沢山有ったらマンゴーで、少ないときはピューレか缶詰でベースを作ります。フレッシュや缶詰を使用するときはミキサーで滑らかにしておきます。250〜300gに対して上のミルクミックスが200gくらい。
缶詰だとちょうど1缶というところですね。

砂糖はお好みですが40gが基本です。今回は完熟マンゴーなので10g程度。マンゴーが完熟ならレモン果汁を少量入れます。
酸味が多少あるほうがおいしいからです。
ただ、レモン果汁は癖があるので本当は完熟していない青いマンゴーを一部加えてピューレを作るのがおいしいです。

ゼラチンをふやかします。上記のレシピで10gくらい。粉ゼラチンは250ccが5gというのが基本ですので大体それに準じましょう。

溶かしたゼラチンとミルクミックス、マンゴーピューレを混ぜます。最初に準備したマンゴーのブロックを入れてザクッと混ぜます。

冷蔵庫で冷やせば完成!!

残ったエバミルクをかけて食べれば本場香港風!!
(食紅で色づけすると本当に香港風ですが、そこまではね。)

・・・・で、食べたらおいしかったです。それはもう。
だけどね、原価計算すると1人前の売価は最低2000円くらいはもらわないといけない代物で。
叔父さんありがとう〜。と感謝しながら頂戴いたしました。

手作り comments(0)
Date 2010.06.19 Saturday...21:08
Title もう6月も中旬ですか・・・

 えーっと、ブログも更新せず、アクセサリーも作らず、
ドール用のアクセサリーも作らず私が何をしていたかというと



・・・・キッシュ作りにはまっていました。
それはもう毎週。だっておいしいんだも〜ん。

先日参加したイベントの立食打ち上げで差し入れとして頂戴した
キッシュがことのほかおいしく。たまねぎ嫌いの私は初めて
たまねぎの入っていないキッシュを食べて感激しました。
嫌いなものの入ってないキッシュっておいしいのね〜!!!
あらかたレシピを聞いておいたので、後はネットのレシピを参考に
適当に作っているわけですが、簡単・楽チン・すぐできる。
最高です!!

まず何が楽かというと基本の材料が冷凍保存・常備される確立が高い
ものでできること。

・冷凍パイシート(勿論冷凍保存)
・スモークサーモン(冷凍保存可能)
・卵(常備品)
・牛乳(常備品)

これにお野菜を加えたら材料はおしまい。

生クリームを加えるレシピも
ありますが、少量ですしそのために買うのが面倒で牛乳だけで
作っています。入れたものも作りましたが正直あんまり変わんないよ。

MIYABI流適当キッシュの作り方

お風呂に入るときにパイシートを外に戻しておきます。
夏なら冷蔵庫へ。冬なら室温で。
1人用の小さいものなら1/2シート。
直径30cmくらいなら1+1/2シートくらい。
お風呂から上がると程よく元に戻っていると思います。

以下直径30cmレシピです。

次にオーブンを190度に余熱。レンジと一緒になっているタイプは
210度くらいがいいと思います。

余熱してる間に野菜を炒めます。
MIYABIの好みはほうれん草とシメジ。塩コショウしてバターで炒めると
コクが出てとっもおいしいです。
ほうれん草もシメジも面倒なので1包装。軽くしんなりする程度で大丈夫。
たまねぎときのこ類+ベーコンという組み合わせもメジャーですね。


卵と牛乳を混ぜて卵液を作ります。
卵全卵2個と牛乳200cc。卵がMサイズとかSサイズのときは180ccが
いいかもしれないですね。

そこに炒めた野菜を入れて軽くかき混ぜます。

パイシートを薄ーく伸ばします。色々と試しましたが、レンジと一緒のタイプは
熱が下がりやすいので薄いほうがおいしいです。
コンベックスなら多少厚くてもいいと思います。空焼きするのも面倒なので
簡単レシピ。
キッシュ皿にパイシートを敷き詰めます。(余ったシートはお砂糖を
まぶして一緒に焼いちゃいましょう。)

卵液を入れて、スモークサーモン(切り落としで充分です)を適当に
のせます。私は面倒なので1パッケージ乗せます。
出来たらパルメザンチーズ以外のチーズを振り掛けます。
パルメザンでもいいのですが、それ以外のほうがコクが出やすいです。
とろけるチーズでも、スライスチーズでも、カマンベールでもいいです。
お好みでかけてください。

その頃には余熱が終了してるので20分程度焼きます。
オーブンから出すときは一応中まで火が通っているか確認してくださいね。
ちょうど使用した調理器具を洗っているといい感じ。

翌朝の朝食に最適ですよ!!

手作り comments(0)
Date 2010.02.21 Sunday...02:41
Title 時間が足りない〜

 いつもながらに時間が足りません。
本日両親が珍しく家に居ないので、色々と楽しもうと思っていましたが、結局3時頃までは母の用事に追われ、着物を3枚解いて、洗濯して、アイロンかけたら一日が終わってました。ついでにハンカチもアイロンかけ出来たので良しとしましょうか。
覚王山に申し込むのが決まりましたので、日傘も無事仕上がってくるといいなぁ。明日発送です。
サンプルの写真を撮ろうと思ったら、お気に入りの1本が行方不明。
こういうときは諦めて明日探します。
お掃除ついでに出てくるでしょう・・・。

手作り comments(0)
Date 2009.11.13 Friday...00:54
Title 本日のおやつ


 本日のおやつは手作りかぼすシャーベット
なぜにかぼす??というとお客様に大量にいただきましたから。実は2度目。
先日はジャムとシャーベットにしたのですが、ジャムはそれはもう悲惨に失敗いたしました。
元フレンチシェフのお隣のマスターに作り方をきいてチャレンジしたものの、見事に玉砕

不憫に思われたのでしょうか?マスターにいただいたジャムはおいしかったですよ。同じ材料とは思えませんでした。シャーベットは失敗が少ないので、今回もシャーベットにしてみました。

いい加減なレシピ(かぼすシャーベット)

基本的に酸味の強いほかの柑橘類でも応用できます。(柚子・檸檬・酢橘)

1:果汁を絞ります。種は取り除きましょう。
2:思ったよりも多く砂糖を入れます。(柑橘類の種類にもよりますが、同量〜倍程度は必需)
3:水を加えます。最初は少なめに、後で調節します。カボスの場合は果汁の2倍〜3倍の
水を加えます。ここで味の調節をしましょう。
4:冷凍室に入れて30分おきにスプーンでかき回します。この作業が多いと舌触りの滑らかな
シャーベットになります。

後味さわやかなシャーベットです。お酒のあとでいただくと最高!!
シャーベットは思ったより簡単に出来て、食後のデザートにはとってもオススメです♪

手作り comments(0)
Date 2008.03.04 Tuesday...16:10
Title 本日のおやつ

最近のマイブーム「おからクッキー」
ダイエット用に人気のおからクッキーですが、豆乳好き・大豆好きのMIYABIとしてはダイエット用というよりは純粋な好みでつくってます。
だからバター使用のためカロリーダウンは少なめです。
しかも結構適当に作ってます。

生おから600g
薄力粉500gくらい
ベーキングパウダー大さじ1くらい
バター200g
砂糖180gくらい
卵黄5個

おからは電子レンジで5分かけたらボールに移し、軽く混ぜ水蒸気を抜く。
これを数回繰り返して完全に水分を抜きます。
ここで完全に水分を抜くとさっくりとしておいしいクッキーとなります。
(MIYABIは手抜きをして良く失敗しますけど。)。
だまができることがあるので軽く振るっておきます。そうしないとだまはかなりと手ごわいです。必ず抜いておきましょう。
バターはレンジで軽く溶かし、砂糖と混ぜて白っぽくもったりとしたら卵黄を加えます。
粉類をビニール袋に入れて軽く混ぜておきます。
混ぜた粉をバターに混ぜていきます。さっくりと混ぜるのがむつかしかったら手でこねてしまいましょう!
上のレシピはおからがだまになることを踏まえての分量なので、だまが出来なかった場合は甘みがかなり少なくなります。
そのときは成型後周りに砂糖を押しつけてから焼きましょう。
こねたらラップに適量をとり、四角い棒状に伸ばして1時間ほど休ませます。
当日焼く分以外は冷凍庫で保管します。1ヶ月くらいは大丈夫でしょう。
休ませたあと、5mm〜8mmにカットし170度のオーブンで約20分。
時間と温度はオーブンによって調節してね。



手作り comments(0)
1/2 >>

Material:FOG.
qrcode